フクロウの写真ではありません。作者がフクロウに似ているだけです。自然の中でおもふこと・・・ずらーり
by yukikostyle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ:風景( 27 )

臥竜山
ちょっと更新を怠っているうちにとうとう臥竜山は冬となってしまいました。
祭りがあり、seasonsの写真展があり、紅葉があり、だったのですが。。。反省
八幡の「工房ブナの里」での主人の写真展も残り2日となりました。
お越しいただいた皆様ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

今日も八幡は大勢のお客様が来られていました。
ふもとはまだ晩秋の景色ですが、臥竜山の八合目はもう別世界。
木立と雪と凛とした空気がとてもいい!
冬山の美しさを短時間ですが楽しんできました。
冬用の靴をゲットしたので足が全然冷たくなく、最高に気持ちよく歩けました。
d0054190_23471521.jpg

[PR]

by yukikostyle | 2008-11-22 23:47 | 風景
八幡高原
mimiさん、主人と3人で八幡高原に行ってきました。
時折雨も降りましたがまさに秋の高原の風が実に爽やかで気持ちい〜い!気温は18度。
霧ヶ谷湿原は一面に咲いたミゾソバがとても綺麗で、以前からの変わり様に驚きました。
やっぱり湿原はいいなぁ!
d0054190_0223568.jpg

その後臥竜山へ上がると一カ所だけ霧が出て幻想的なエリアに出会う。
d0054190_0253041.jpg

雨の中で行き倒れる寸前の人発見!
d0054190_0303285.jpg

[PR]

by yukikostyle | 2008-09-19 00:36 | 風景
週末に参加する予定だった観察会を風邪のためにキャンセルしたものの、当日昼前には楽になってきて急遽tockeeさん、主人と桜を見に行ってきました。
もう葉が出初めてギリギリでしたが、お天気がよく暖かで菜の花が一面に咲きとても気持ちがいいひとときでした。桜を眺めると日本に生まれてよかった、とつくづく思います。
d0054190_21225086.jpg

木の下に行ってみたらカーテンのように揺れるしだれ桜。
d0054190_2053955.jpg

桜を撮りながら行き倒れている人を発見!
d0054190_2055369.jpg

[PR]

by yukikostyle | 2008-04-21 20:38 | 風景
千町原と聖湖
今日はmimiさんも一緒に八幡高原へスノーシュートレッキングに行ってきました。
雲が厚かったけど今シーズン初で気温も暖かかったのでウキウキ気分。(^_^)v
初めに秋に草刈りをした千町原へ行ってみました。
見渡す限りの雪原がとても綺麗でしたが私が撮った写真は綺麗ではありませんでした。(-_-;)
ということで例のごとく撮影風景です。
手前はmimiさん。皆で思い思いに撮ってます。
d0054190_062018.jpg


その後聖湖に行ってみたら湖面が結氷していました。
厳しい寒さが伝わってきました。。
晴れるのを待っていたけど逆に吹雪いてきたので撮影終了に。
タングステンモードにしてみたらますます寒々しくなってしまいました。
d0054190_0493783.jpg

[PR]

by yukikostyle | 2008-01-03 23:50 | 風景
草泊まり
今朝の草泊まりです。
阿蘇地域等では昭和30年代頃まで草原の草刈りの際、約3週間に渡ってこの中に泊まって行っていたのですが、車や機械の普及により今はこういう風習はあまり見られないそうです。
先週の千町原保全の時キッズプログラムで作られてから10日も経つのにまだ立派に建っていました。!(^^)!
今日小学校に移動されたそうです。
草原に伴う昔からの文化を子供達に伝えられてとてもいいですね。
d0054190_23132123.jpg

[PR]

by yukikostyle | 2007-12-02 23:13 | 風景
千町原保全活動と霧ヶ谷湿原
23日に千町原保全活動の草刈りに参加しました。
地元の方、ボランティアの方で総勢約85名が集まり、皆やる気バンバンの表情!
草刈り機、チェンソーで刈る役と刈った草を集める役に分かれ、さらに4カ所に分かれて防火帯を作っていきました。
草を見ると闘志が沸く私ですので、ノイバラが手や服に突き刺さったり、クマザサが何十センチもの層になって地面にビッチリ張り付いていた箇所では、敵と戦うように鎌をふりかざしていました。人が見たらちょっと恐ろしかったかも(^^;)
ヘルメットをかぶって草刈り機をしていた主人は汗だくで最後はアンダーシャツ一枚に!
皆が頑張って最後は全箇所が一つにつながり長い長い防火帯ができあがりました。
作業中はカメラを持ってなかったので2日後の風景です。
見晴らしがすごくよくて、今からどんな景色になるのか、どんな鳥が見れるようになるのかとても楽しみです。
大勢の力の貴重さと今動かないと間に合わないということを感じました。
キッズプログラムの草泊まりもとても感動的で、民宿組合で用意して下さったお昼ご飯もとてもおいしく、和気藹々ととても楽しい1日でした。皆様本当にお疲れ様でした。
d0054190_2342434.jpg


そしてもう一つ楽しみな場所は、県の自然再生事業で湿原復元の工事中の霧ヶ谷湿原。
乾燥して荒れ果てていた光景が見事に湿原らしくなってきました。
現在はたっぷりの水が地面をおおっているので、春にはきっとたくさんの植物が芽吹きどれだけ綺麗な風景が見れるだろうかととても楽しみです。
八幡独特の貴重な自然を守りたいという大勢の想いが形になりつつあります。
d0054190_2155046.jpg

[PR]

by yukikostyle | 2007-11-27 23:42 | 風景
雲月山
夜12時に寝て一番熟睡の1時半にいきなり起こされ、2時から支度して3時に八幡向け出発しました!(-_-;)
この秋一番の寒さで途中の気温は3度。ウヮッ!いきなり冬だ!
カケズの山頂に4時半頃着いたけど霧は全くなし!星を撮していたら雲が出てきて真っ暗に!
聖湖に行ったり千町原に行ったりウロウロししているうちに、あっという間に明るくなってしまいました。(^_^;)
その後昼過ぎまでまとばえきの草刈りをして、それからまーさんご夫婦と雲月山に登りました。
昼は暖かくなってとっても気持ちよく、ススキがキラキラ光って花がたくさん咲いていて目をなごませてくれました。
山焼きの成果で本当に花が増えているのに驚き、感動した1日でした。
多くの人の思いが込められた山、これからも大事にしたいと思いました。

d0054190_03365.jpg

[PR]

by yukikostyle | 2007-10-24 00:03 | 風景
出雲大社と日御碕
今回はおじいちゃん、おばあちゃんも一緒に家族6人で行ってきました。
初めは「縁結びの神」「福の神」と言われる出雲大社。
台風の影響で天気予報は雨、雷なのに大勢の参拝客で車は長蛇の列でした。
日本で最も古い神社建築の形式を持った大社造りで、伊勢神宮の神明造りとともに代表的な神社建築だそうです。素晴らしかった。
d0054190_22273943.jpg

次は日御碕灯台。
海面からの高さ約63mで東洋1だそうです。
地震にたえる為、外壁が石造り、内壁がれんが造りの2重構造で外国にはない日本独自の技術が使われているそうです。世界灯台100選の一つです。
d0054190_22414916.jpg

汗だくでらせん階段をあがりやっと頂上に着き外に出ると何と爽やかないい風が!
高いところが好きでない主人と長女は建物の中心に張り付くように歩いていました。^^;
日本海は本当に綺麗です。そしてさざえといかを食べて帰りました。おいしかった(*^_^*)
d0054190_2241129.jpg

[PR]

by yukikostyle | 2007-09-20 22:45 | 風景
三瓶山と小豆原埋没林
石見銀山を見た後約30分で三瓶山につきました。
ふもとはよく整備されていてとても気持ちよく、山も壮大で美しかった。
d0054190_20315052.jpg

小豆原の埋没林。
3500年前(縄文時代)のスギ、トチノキ、ケヤキ、カシの巨木林が三瓶火山の噴火によって地下に閉じこめられたそうです。根元には縄文時代の落ち葉がそのまま残っており、昆虫の羽なども発見されているらしい。
発見して発掘できたことだけでも素晴らしいのに、それを保存する技術があることがまた素晴らしい。この技術は世界初だそうです。
自然の持つ力と人間の持つ力をいつも同時に魅せてくれた山陰でした。楽しかった。^o^
d0054190_20554498.jpg

[PR]

by yukikostyle | 2007-09-10 20:55 | 風景
石見銀山
7月に世界遺産に登録された石見銀山に行ってきました。
16世紀半ばから17世紀前半の全盛期には世界の産銀量の約三分の一を占めた日本銀のかなりの部分が石見銀だったと考えられているそうです。
夏休みと重なって凄い人の数!8月13日には4700人ぐらいが訪れたそうです。
駐車場から坑道口を結ぶ15分間隔のシャトルバスが毎回満員でした。
写真は公開部分の長さが156mの坑道。ブレブレですみません。
d0054190_20541250.jpg

堀子の絵。
「堀子はたがねをはさみで固定し鎚でたたき鉱石を掘る。暗闇と油煙と石塵の中で大変な労働であった。」
d0054190_20573234.jpg

[PR]

by yukikostyle | 2007-09-05 20:57 | 風景